あたしは、音楽やサッカーが嗜好で、それについてのblogを書いているのですが、ある日のblogに申し立てが届きました。それは、サッカーの話に対しての申し立てだったのですが、そのときは何も思わなくて、申し立てくれるすばらしい人間ですなあと感じていたのですが、申し立てとは別にメルアドがきたので、お沢山の方ですかと聞いたところ、40値段と言うことでした。あたしは、なんの奥深い意義も無く聞いただけだったのですが、年齢に対して答えをしなかったら、仲間からメルアドがきました。そのメニューは、年齢を聞いといて、自分は答えないんですね。人前人間としてどうなんですかね。のみたいや嫌味のメニューでした。いやいや、聞かれれば答えましたけど聞かれてないのにいう必要はないと願い、放置していたら、数太陽後述またメルアドがきました。次サッカーを見に行くので見かけたら声かけていいですか?急増分仲良くなれると思うんです。年齢のわりにハンサムとおっしゃるんですよ。とかなりはじめ方的メニューでした。状況が分からず、なんて自らしている時な人間何と思いかなり、いらっとしました。それに対しての答えもする意思が起きず、放置していますがもし、本当にアリーナで声を掛けられたら最悪です。