勝手に好意をもって、嫌みをいってきたダディー

あたしは、音楽やサッカーが嗜好で、それについてのblogを書いているのですが、ある日のblogに申し立てが届きました。それは、サッカーの話に対しての申し立てだったのですが、そのときは何も思わなくて、申し立てくれるすばらしい人間ですなあと感じていたのですが、申し立てとは別にメルアドがきたので、お沢山の方ですかと聞いたところ、40値段と言うことでした。あたしは、なんの奥深い意義も無く聞いただけだったのですが、年齢に対して答えをしなかったら、仲間からメルアドがきました。そのメニューは、年齢を聞いといて、自分は答えないんですね。人前人間としてどうなんですかね。のみたいや嫌味のメニューでした。いやいや、聞かれれば答えましたけど聞かれてないのにいう必要はないと願い、放置していたら、数太陽後述またメルアドがきました。次サッカーを見に行くので見かけたら声かけていいですか?急増分仲良くなれると思うんです。年齢のわりにハンサムとおっしゃるんですよ。とかなりはじめ方的メニューでした。状況が分からず、なんて自らしている時な人間何と思いかなり、いらっとしました。それに対しての答えもする意思が起きず、放置していますがもし、本当にアリーナで声を掛けられたら最悪です。

何となくだけどちょっと読んだら 囚われる元凶を有する最近のアニメ

最近のコミックは、がっつり読み進めなくとも、ちょっとだけ読んだら見方が行き渡り、なんらかの影響を与えるものが多いです。

例えばコス奏者の間で人考えな「都内喰種」の金木ちゃん、多くの女子レイヤーが亭主の人真似したくなる事情ものすごくコミック読んでわかりました。

金木ちゃんのグールとして時に人間としてのフラストレーション そして覚醒してしまったあの事態、その細い描写が 金木ちゃんのコス奏者氏は必要わかってらっしゃると思います。だから金木ちゃん風に変身したくなるはずです。

駄菓子菓子というコミックは駄菓子をこんなにも面白く紹介するなんて独特すぎてびっくりしました。
メイン人公にういういしい妻を起用することにより思い出深い駄菓子のフィーリングと大きなギャップがうまれ そこがまた読みたくなる五感がアップするのです。

テラフォーマーという火星に大量に現れたゴキブリ人間場合を退治するコミックがあります。
これはゼロ巻のメイン人公の小吉が2巻でいきなり40値段になってるのも不思議です。

さらに人間を虫のカタチを植え付けた科学の力で強化滅茶苦茶人を組み上げる理念には尊敬しました。

蜘蛛、蜂、蟻などの細かい描写までコミック内でされており、昆虫に関する作品者の細密さは 素晴らしいです。

そしてゴキブリの進化したスキル知力やキャパシティーも、エグいけど なぜかそそられるし、何巻でも 読みたくなる不思議なパワーを持っているコミックです。